忍者ブログ

しのび

NINJA

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ヘキサゴン」出演者 紳助の楽屋前で挨拶待ちの大行列作る

暴力団関係者との交際を理由に芸能界を引退した島田紳助(55)が、“テレビ界の寵児”のようにいわれるようになったのは、『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)の出演者たちが次々に大ブレイクし始めたころ。それとともに、紳助はこのころから“暴君”ぶりを見せ始めたという。そして、紳助の逆鱗に触れるケースとしてまず多かったのが、共演者たちの挨拶だ。

『ヘキサゴン』の収録は隔週で行われ、1日で2週間分2本の収録をする。収録当日、出演者と番組スタッフは、何より先に紳助がスタジオにはいる時間を確認する。

 紳助は毎回マネジャーと一緒にタクシーでテレビ局に乗りつける。番組の責任者でもあるプロデューサーやディレクターは、紳助の事務所スタッフと連絡を取り合い、到着時間の見当をつけ、局の車寄せでひたすら到着を待つのが“掟”となっている。

 いつもTシャツにジーンズ、キャップやサングラスというラフなスタイルでやってくる紳助は、そのままエレベーターで2階まで行き、エレベーターを降りた先の通路を使ってさっと楽屋へはいる。入り時間は、全メンバーが知っているので、足音や扉の開閉音に、みんなそれぞれ自分の楽屋から耳をそばだてる。『ヘキサゴン』の出演者全員が、本番以上に緊迫する時間だ。

 紳助の楽屋から遠くの楽屋にいる若い出演者の場合は、マネジャーを“見張り”に立たせたりすることもあるという。

「はいった?」「はいった、はいった」「いま行って大丈夫かな?」「はよ、行こう」――

 そんな囁き声がフロアに飛び交うのだが、携帯を手にして誰かと話し始めるマネジャーもいる。小島よしお(30)やアンガールズら、違うフロアにある大部屋が楽屋となっているタレントのマネジャーと話しているのだ。挨拶が遅れたり、本番までにできなかったことで、現場の空気が悪くなったり、収録ができなくなったりするのは、みんなが避けたいこと。所属事務所が異なっても、一致団結する。紳助の入り時間前後、その“ホットライン”は常につながっているのだ。

 そうして、紳助の楽屋前にどんどん行列ができていく。部屋の中では、プロデューサーやディレクターら局のスタッフと番組の打ち合わせが始まっているから、決して邪魔にならないよう、タイミングを見計らって要領よく挨拶しなければならない。

「今日はよろしくお願いします」のひと言で終わる人もいれば、「お前、この前は~」と説教が始まったりして長話になる人もいる。紳助に特別かわいがられていた上地や山田親太朗(25)は、そのまま長居することもある。人によっては5~10分以上も行列に並ぶこともあった。

 特に『ヘキサゴン』の視聴率がピークのときは、これらメンバーのほか、同局にいる他のタレントやそのマネジャーが、番組に出演させてもらうべく、挨拶に訪れたりもしていたので、廊下はとんでもない行列ができ、先を急ぐ人は迂回しなければならないほどだった。

※女性セブン2011年9月22日号

・・・・・・・・・・・・・・・・・

引退してからいい話が出てくるどころか独裁者的な
話ばかり出てきますね。
普通の引退と違って、暴力団絡みの不祥事引退ということで
良い噂より悪い話を流した方が、読者的にも面白いというのが
あるんでしょうけど、それにしても、これだけおかしな話が出てくると
今までずっと君臨していたことすら気持悪くなってきますね・・。


<PR>
会社設立後に必要な手続きはこちらまで
会社設立後に必要な手続き
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

ブログ内検索