忍者ブログ

しのび

NINJA

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リンゴの蜜には秘密があった

毎年東北の友人がリンゴをケースで送ってくれます。そのリンゴにはいつも蜜が入っていて、とても甘くて美味しいのでこの時期がくるのを毎年楽しみにしています。
昨日何気なくテレビを見ていたところ、リンゴの特集をやっていて、その中でリンゴの蜜が甘くないということを知りました。蜜の成分は砂糖の半分くらいの甘さしかないソルビトールというものだそうです。
リンゴの葉っぱにお日様が当たってデンプンができ、このデンプンは葉っぱのなかでソルビトールに変化して枝を通ってリンゴの果実に運ばれます。そして、このソルビトールがリンゴの果実で甘い糖に変化する仕組みになっています。ところがリンゴが熟して糖分が十分に果肉に溜まるとソルビトールが糖に変わらなくなり、果肉にたくさん溜まって、ついには染み出て蜜のように見えるというわけです。
蜜自体は甘くなくても、蜜が出ているリンゴは十分に熟れて甘くなっているという証拠でもあるのですね。やっぱり蜜入りのリンゴが美味しいというのは間違いないようです。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

ブログ内検索